不眠症で眠れない夜を過ごしている人に♪

不眠症で眠れない夜を過ごしている人に

不眠症で悩んでいる人は多いと思います。一説によると、日本人の約5人に1人が、不眠の症状で悩んでいるのだそうです。

本来ならば努力などしなくても、夜になれば自然に眠れるはずなのに、現代人には大きな悩みになっているのですね。

簡単に解決できる問題ではありませんが、もしも眠れない夜を過ごしているならば、パッとこの記事に目を通してみてください

スポンサーリンク

充実した一日は、幸福な眠りをもたらす

充実した一日は、幸福な眠りをもたらす。
充実した一生は、幸福な死をもたらす。

これはレオナルド・ダ・ヴィンチ(1452~1519年)の言葉です。

「モナリザ」や「最後の晩餐」などの絵画も有名ですが、ダ・ヴィンチは科学や工学の分野においても、天才的な偉業を遺しています。

そのダ・ヴィンチは、「充実した一日は、幸福な眠りをもたらす」と述べています。

どの分野でも突出した活躍をしていたダ・ヴィンチですから、さぞかし一日も充実していたことでしょう。だから毎日、気持ち良く眠れたことと思います。

今、不眠症で悩んでいる人も、本当はへとへとに疲れていると思います。でも、疲れているのに眠れません。私にも経験があります。

そういう状態の時に、「充実した一日を過ごせば、ぐっすり眠れるよ」と言われても、やっぱり眠れないものは、眠れないですね。

眠れずに死んだ人はいない

眠れない夜には、ある意味で「開き直ってみる!」という考え方が必要です。「眠れなくて死んだヤツはいないんだ~!」ということです。

朝方まで眠れなくて、また次の日も朝方まで眠れないなんてことはないですね?

眠れないと言っても、たった一夜のことです。それを人生の大問題にする必要はありません。まずは、努めて気持ちを軽く持ってください。

実は私も今、深夜の変な時間帯に目覚めてしまい、この記事を書いています。

起きてしまったのだから、無理して寝るよりも、何かやっていたほうが時間のムダにならないと思ったからです。

眠れない時間を使って、同じく眠れない人のために記事を書く。それが少しでも何かの参考になれば、私も眠れなかった甲斐があるというものです(笑)

うまく使えば、時間はいつも十分にある

ダ・ヴィンチと同じく、万能の天才として、ゲーテ(1749~1832年)がいます。ゲーテも文学だけでなく、自然科学者であり、政治家・法律家でもあり、多才なジャンルで活躍した大天才です。

そのゲーテは、「うまく使えば、時間はいつも十分にある」と語っています。

とにかく時間がない!」とぼやいているのが現代人なのですから、眠れない時間が出来たならば、それをうまく使えばよいのです。

そんなことをしたら寝不足になってしまうではないか!と怒る人もいるかもしれませんが、でも、寝床にいても眠れないんですよね?

だったら、その時間を有効に活用すれば、ムダになりませんし、何かをやったという達成感も出てきます。少なくとも、眠れない夜を無為に過ごしたという虚しさは残りません。

そして次の夜を迎えたら、頑張ったぶんだけ疲れているので、今度はぐっすり眠れます。気持ちも充実しているのではないでしょうか?

不眠症で悩んでいる時間がもったいない

不眠症の原因は様々にあると思いますが、精神的な面が大きいですね。なので、このように「開き直ってみる!」という考えを持てば、少しは心が安まるのではないでしょうか?

ダ・ヴィンチは「充実した一日は、幸福な眠りをもたらす」と述べました。そして、「充実した一生は、幸福な死をもたらす」と続けています。

つまるところ、幸福になるためには、「時間を大切に使って、充実させよう!」ということです。この名言は、ダ・ヴィンチの幸福論でもあるわです。

不眠症で悩んでいる人には酷ですが、不眠症なんかで悩んでいる時間はもったいないのです。

眠れないならば、「時間をもらったのだ。ラッキー♪」と考えて、本を読んだり、勉強をしてみたり、何か活動する時間に使ってみると良いのだと思います。

皮肉なもので、そう思った途端に、今度は猛烈に眠くなったりするものです。

横になっているだけでも、身体の8割は回復する

但し、車の運転手など、寝不足が仕事に差し障る人の場合や、体調が優れない日、翌日に大事な仕事が控えている場合などには、無理に起きて活動する必要はありません。

目を閉じて横になっているだけでも、身体の8割は回復ができているという説もあります。

このまま眠れなくても、身体の8割も休まるんだから良しとしよう」と、割り切って考えてみてください。

目を閉じて横になっているだけでも、ちゃんと意味はあるのだ!と考え直してみることですね。

寝るにしても起きるにしても、大事なのは、「眠れない! どうしよう!」というストレスを抱えないことです。

にゃんだふるな「まとめ」

不眠症については、本当は簡単に取り扱える悩みではないのですが、「あまり大きな問題として受け止めない」という考え方も必要です。

不眠症で悩んでいるのは自分だけではないのだ。眠れなくて死んだ人はいないのだ!」と、努めて気持ちを軽くしてみてください。

気持ちが高ぶって眠れない時は、呼吸が浅くなっています。ゆっくりと深く呼吸して、ざわついている心を静めながら、寝てみてください。

コメント

  1. うずまきん より:

    新しいブログ開設、お疲れ様です♪
    わたしは、実は長年のストレス大な仕事柄、&更年期かな、昨年生まれて初めて睡眠障害に陥りました。なんと、ふた月以上、まともに眠れなくなったんです。
    今は大分改善されましたが、イライラすると、やはり眠れなくなります。
    ただ、眠れないのは今まで頑張ってきたから仕方ない、と諦めがついてきたのと、仕事を軽減してもらって、楽になってきました。
    にゃんずに癒されてるのもあります。
    少しずつ、無理しない人生を考えなきゃな〜って思ってます。
    まとまりないコメントでごめんなさい。では♪

    • にゃんだふる より:

      うずまきん様
      コメントありがとうございます♪
      ブログを開設したばかりなので、やはりコメントは特に嬉しく感じます。
      ふた月以上、まともに眠れなくなってしまったとは深刻ですね…。今回の記事は、まだ軽度の人向けに書いたものなので、もし軽率な表現がありましたら申し訳なく思います。

      現在はストレス社会なので、努めてストレスを軽減させる生き方をしないと身が持ちませんね。つい頑張ってしまう人は無理をしやすいので、何とぞご自愛ください。
      にゃんずは癒やされますね。私もその気持ちがよく分かります。
      まだ始めたばかりの拙いブログですが、今後ともよろしくお願いします(=^・^=)